So-net無料ブログ作成

20180401 丹後街道 [2018桜]

武生 <道の駅坂井> 【走行】141 【歩数】17229 【血圧】128 ~84 【脈拍】73 【体重】73 【飲】- ■ 


【小浜公園】 朝のうちは青シートがポツリポツリとあるぐらいでしたが、丹後街道筋を歩いて散策して帰ってきたら、だいぶ増えてました。
tn600_SH-50_20180401_090819.JPG

【高成寺】 小浜公園に隣接しています。足利尊氏が一国一寺として創建した安国寺の一つです。山門が立派でした。
tn600_SH-50_20180401_092149.JPG

【八百比丘尼入定の岩窟】 丹後街道沿いのお寺に岩窟がありました。斉明天皇の時代から後花園天皇時代まで八百歳まで生きたということです。
tn600_SH-50_20180401_094604.JPG

【金ヶ崎城跡】 敦賀です。あの織田信長が朝倉攻めのとき背後から浅井勢に襲われ、急いで退却したという歴史的な合戦が行われた山城です。
tn600_SH-50_20180401_112945.JPG
tn600_SH-50_20180401_113334.JPG

【ちひろの生まれた家】 武生です。久しぶりです。奥のライブラリーが新しくなってました。セルフでコーヒーが飲めました。ゆっくりアンデルセンの赤い靴を読み終えました。隣のふく家さんでヨモギ餅を二つ買いました。小さいけれど安くておいしいのです。
tn600_SH-50_20180401_151511.JPG

【武生まちなか駐車場】 3時間無料の駐車場に車を停めて、武生の町を散策します。総社大神宮は縁日のときに遭遇した記憶があります。国分寺は小さなお堂になってしまいました。蔵の辻はお店がほとんど閉まってました。
tn600_SH-50_20180401_154828.JPG
tn600_SH-50_20180401_155123.JPG

【花筐公園】 越前市です。継体天皇ゆかりの地です。謡曲花筐(はながたみ)から公園名がつけられたようです。
tn600_SH-50_20180401_163418.JPG

【道の駅西山公園】 鯖江です。満開の桜なもんだから、道の駅で休むこともできません。一度来たことがあると思います。でもその時は道の駅じゃなかったと思います。夜桜もあるのでいつまでも混雑してました。
tn600_SH-50_20180401_172048.JPG
tn600_SH-50_20180401_172543.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

20180331 丹後半島は久しぶり [2018桜]

■ 丹後半島 <道の駅小浜> 【走行】170 【歩数】13066 【血圧】150 ~98 【脈拍】71 【体重】73 【飲】-
■ 丹後半島を周るのは久しぶりです。
■ 伊根の辺りは道路事情がだいぶ変わっていました。



【離れ湖】 日当たりいいところの桜は咲いていますが、自影の桜はつぼみが目立ちます。ここのカメはアカミミじゃないみたいです。
tn600_SH-50_20180331_102716.JPG
tn600_SH-50_20180331_103744.JPG

【間人散策(たいざ)】 間人と書いて「たいざ」と読みます。立岩という柱状節理の大岩があります。周辺には古墳がたくさんありますが、石棺などにこうした柱状節理の岩を割って利用したそうです。浜には間人皇后と聖徳太子の母子像がありました。
tn600_SH-50_20180331_114457.JPG
tn600_SH-50_20180331_114349.JPG

【丹後松島】 私が降りた浜は美しいですが、松島という感じではありませんでした。場所が違うのかもしれません。親子がキャンプしてました。なつかしいバーベキューの匂いがしてきました。
tn600_SH-50_20180331_121945.JPG

【経ケ岬灯台】 駐車場から坂道を歩きます。入り口に竹の杖が置いてあるのでもちろん利用しましたが、かなりハードでした。でも海がきれいでした。少し北海道を思い出す風景でした。
tn600_SH-50_20180331_125208.JPG
tn600_SH-50_20180331_130409.JPG

【伊根の舟屋】 道の駅から眺めるだけにしました。ここで昼食をとりました。伊根の道の駅というと怖い思い出があるんです。
tn600_SH-50_20180331_135849.JPG

【板列公園(いたなみ)】 板列稲荷神社に隣接した公園です。場所は与謝野町です。与謝野鉄幹のお父さんの出身地でした。
tn600_SH-50_20180331_170735.JPG
tn600_SH-50_20180331_171134.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

20180330 鳥取は満開です [2018桜]

■ 鳥取 <道の駅久美浜> 【走行】160 【歩数】12470 【血圧】136 ~80 【脈拍】70 【体重】74 【飲】-
■ 鳥取県は今日、各地で満開です。
■v京都に向かう9号線と別れて丹後半島を目指します。



【道の駅はわい】 東郷湖が望める場所にハッピードームがあります。桜は8分咲です。
tn600_SH-50_20180330_082555.JPG

【鹿野城跡公園】 前回は雨でした。今回は鹿野温泉を訪れたついでに寄ったんですが、天気にも恵まれ素晴らしい花見となりました。鹿野は尼子氏滅亡後、秀吉に仕えた亀井慈矩が拡張整備した城下町です。
tn600_SH-50_20180330_100409.JPG
tn600_SH-50_20180330_101339.JPG

【幸盛寺と小さな城下町】 山中鹿之助幸盛の墓があるお寺です。義理の息子である亀井慈矩が手厚く葬るため創建した寺です。鹿之助の墓の前に創建当時に植えられたという大イチョウがあります。
静かな街並みをゆっくり散策しました。
tn600_SH-50_20180330_104902.JPG
tn600_SH-50_20180330_105004.JPG

【布施の清水】 前回は池みたいなところから汲みましたが、葉っぱが浮いていたりしてました。観光案内所に聞いた新しい汲み場に行ってみました。ところが集落用の汲み場に着いたようです。画像は教えてもらった一般用の汲み場です。
tn600_SH-50_20180330_134624.JPG

【鳥取城跡公園】 駐車場が見つからずウロウロしてしまいました。市役所の駐車場を開放してました。石垣が立派な大きなお城です。桜も満開です。初めての訪問です。せっかくですから、仁風閣と県立博物館に入館しました。
tn600_SH-50_20180330_145648.JPG
tn600_SH-50_20180330_150733.JPG
tn600_SH-50_20180330_151455.JPG

【イノシシ用?】 石垣の下にワナらしいものを見つけました。こんなところまで出没するのかな。
tn600_SH-50_20180330_152747.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

20180329 京都はあきらめました [2018桜]

■ 出雲大社 <道の駅はわい> 【走行】165 【歩数】20857 【血圧】130 ~81 【脈拍】71 【体重】74 【飲】-
■ 京都はすでに見頃を迎えてるようです。
■ 今年は京都はいいかなと思い始めています。最近、少し趣きが変化してきました。
tn600_SH-50_20180329_112202.JPG


【ご縁を結ぶ門前町】 道の駅出雲ご縁広場から大社まで歩きました。いつもは出雲大社の駐車場を利用するので、神門通りを歩くのは初めてです。途中に一畑電車出雲大社駅があります。
tn600_SH-50_20180329_101345.JPG

【出雲大社】 久しぶりです。神楽殿前のお店で割子そばを食べた記憶があります。神苑の桜が見頃です。さすがに日の丸の旗が巨大でした。池にカメラマンが集まってます。カワセミを狙っているそうです。
tn600_SH-50_20180329_102256.JPG
tn600_SH-50_20180329_103305.JPG

【旧JR大社駅】 1990年に廃止された駅舎が観光案内所として残されています。マネキンの駅員が少し怖いです。
tn600_SH-50_20180329_114121.JPG

【平田本陣記念館】 展示館は改修中で見れませんでしたが、こちらは庭さえ見れればいいのです。おろちの一式飾りが展示されていました。一式飾りとは生活用具で歴史上の人物や場面を飾りあげる珍しい郷土芸術です。残念ながらおろちを顔を外してしまいました。
tn600_SH-50_20180329_140217.JPG
tn600_SH-50_20180329_141440.JPG

【愛宕山公園】 本陣記念館の近くに公園です。愛宕山は一時尼子氏の平田城がありました。今は小動物の動物園など、家族連れで賑わってます。
tn600_SH-50_20180329_144353.JPG

【一畑薬師(いちはた)】 島根半島の中心にある一畑山頂です。「目の薬師様」として有名です。なにしろ参拝客を送迎する一畑電車があるぐらいですから全国的な信仰のようです。幼少期の水木しげるも「のんのんばあ」さんに連れられて参拝したそうです。桜は今いちですが紅葉の時期はよさそうです。
tn600_SH-50_20180329_153959.JPG
tn600_SH-50_20180329_154620.JPG

【道の駅 月山富田】 だいぶ夕暮れになってきました。目の前の飯梨川の土手は桜が見頃です。併設の資料館がちょうど閉館してしまいました。
tn600_SH-50_20180329_170750.JPG

【月山富田城跡(がっさんとだ)】 尼子氏の本拠地でした。歩いて登っていくと山中鹿之助幸盛の像が建っていましす。なつかしいなぁ。前回、お墓のある幸盛寺に立ち寄りました。山中御殿跡までで降りてきました。
tn600_SH-50_20180329_172947.JPG
tn600_SH-50_20180329_173041.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

20180328 穏やかな日本海 [2018桜]

■ 浜田 <道の駅出雲> 【走行】113 【歩数】12359 【血圧】132 ~84 【脈拍】85 【体重】74 【飲】-
■ 相変わらず暖かい日が続きます。
■ 穏やかな日本海を左に眺めて快走します。
■ 京都の桜はどうなんだろう。
tn600_SH-50_20180328_172949.JPG
------------------------------------------

【道の駅ゆうひパーク浜田】 前回も見晴らしのいいこの道の駅で休みました。今回は泊りです。朝、ゆっくりと下の公園を散歩しました。海賊のブランコが笑えます。頭の上を旋回するトンビに注意です。
tn600_SH-50_20180328_100044.JPG
tn600_SH-50_20180328_100212.JPG

【浜田城址】 入り口がわからず、教えてもらいました。この地は柿本人麻呂終焉の一つといわれています。神社にラッパ兵の木口小平の像がありました。天守台に登ると高校生が二人寝転んでました。
tn600_SH-50_20180328_104526.JPG
tn600_SH-50_20180328_110312.JPG

【岩見海浜公園】 小さな砂丘のようです。砂が小粒でサラサラしています。駐車場で昼食しました。
tn600_SH-50_20180328_130759.JPG

【丸小山公園】 江津市役所に隣接しています。まだつぼみが多い状態でした。
tn600_SH-50_20180328_134202.JPG

【琴が浜】 国道から下りたところに公園がありました。小学校の跡地です。鳴き砂の浜は整備中ということ入ることができませんでした。
tn600_SH-50_20180328_152620.JPG

【仁摩健康公園】 公園の一番高いところは「安養寺古墳」でした。三角の建物はサンドミュージアムです。
tn600_SH-50_20180328_160116.JPG
tn600_SH-50_20180328_160315.JPG

【刺鹿神社(さつか)】 鳥居脇に車を停めましたが、神社まで車で行けました。出雲が近いせいかしめ縄が立派です。裏の山に桜に包まれた赤い鳥居のお稲荷さんが鎮座してました。子連れの家族の目的はこちらのようです。
tn600_SH-50_20180328_164505.JPG
tn600_SH-50_20180328_165431.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

20180327 こちらはさっぱり [2018桜]

■ 仙崎 <道の駅浜田> 【走行】184 【歩数】17196 【血圧】145 ~91 【脈拍】69 【体重】74 【飲】-
■ 朝晩の寒さがやっと緩んできました。
■ コマ切れの山陰道が無料で利用できます。
tn600_SH-50_20180327_163358.JPG


【北浦街道豊北】 小さな古墳の上が展望台になっています。漁港の向こうに角島が見えます。長い角島大橋が魅力で前回は渡ってみましたが、今回はパスします。

【大寧寺】 よく立ち寄った長門湯本温泉の恩湯の近くでした。大内義隆がこの寺で自刃し、大内家は滅亡しました。盤石橋は自然石を組み立てた珍しい橋です。
桜はまだつぼみばかりで、2分咲程度です。紅葉も美しい寺だと思います。
tn600_SH-50_20180327_111956.JPG
tn600_SH-50_20180327_112947.JPG

【近松道路公園】 この地方が近松門左衛門の出生地の一つといわれています。
tn600_SH-50_20180327_120715.JPG

【みすゞ公園】 こちらの桜は見頃で、女性のグループがお弁当を持ち寄って広げてました。
tn600_SH-50_20180327_122049.JPG
tn600_SH-50_20180327_122639.JPG

【道の駅センザキッチン】 4月に本格運用ですが、一部営業してました。昼時のせいかびっくりするぐらい混雑してました。
tn600_SH-50_20180327_124108.JPG

【みすゞ通り】 道の駅の混雑してましたが、こちらはさっぱり観光客を見かけません。祇園社(八坂神社)の池のアカミミガメがたくさん寄ってきました。「極楽寺のさくらは八重桜」と詩にありますが、今はソメイヨシノです。お墓にお参りして戻りました。
tn600_SH-50_20180327_131655.JPG
tn600_SH-50_20180327_132820.JPG

【萩城址(指月公園)】 萩城址の桜はつぼみがあるものの見頃でした。
tn600_SH-50_20180327_153538.JPG
tn600_SH-50_20180327_154015.JPG

【萩キリシタン殉教者記念公園】 いわゆる「浦上崩れ」によってとらえられた約三百人が萩に流刑されました。そのうち約四十名が殉教しました。
tn600_SH-50_20180327_163227.JPG
tn600_SH-50_20180327_162954.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

20180326 大丈夫だった [2018桜]

■ 秋月 <道の駅豊北> 【走行】184 【歩数】10486 【血圧】151 ~87 【脈拍】72 【体重】74 【飲】-
■ 暖かくなってきました昼は半袖でいいぐらいです。


【久留米城址】 21万石の久留米藩城址です。桜は見頃です。近くに全国の水天宮の総本宮があります。いずれも筑後川を背景しています。
tn600_SH-50_20180326_101327.JPG
tn600_SH-50_20180326_102734.JPG

【秋月杉の馬場】 去年の豪雨の影響を心配しましたが、この辺りは大丈夫だったようです。こちらの桜はつぼみが目立ちます。
tn600_SH-50_20180326_115209.JPG
tn600_SH-50_20180326_120550.JPG

【腹切り岩】 秋月にありました。秀吉との和睦を勧めたが容れられず、岩の上で腹を切ったといわれてます。
tn600_SH-50_20180326_123614.JPG

【勝盛公園】 秋月から八丁峠を越えて、国道200号北九州を目指します。八丁峠はやめとけと言われました。勝盛公園は飯塚にあります。桜は7分咲というところです。
tn600_SH-50_20180326_151455.JPG
tn600_SH-50_20180326_151924.JPG

【和布刈公園(めかり)】 九州の出入りには必ず和布刈公園です。熊本は満開を迎えたというのにここの桜はちらほら開花という感じでした。今回はあっという間の九州でした。
tn600_SH-50_20180326_181705.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

20180325 最短のコース [2018桜]

■ 岡城 <道の駅久留米> 【走行】245 【歩数】12168 【血圧】164 ~99 【脈拍】75 【体重】75 【飲】-

■ 京都の開花も進んでいるので、最短のコースで本州に戻ることにしました。
■ 年度末のせいか、至るところで通行止めに遭遇します。
■ 岡城を歩き回ったら、暑くて半袖になったほどです。


【番匠川】 道の駅やよいの裏には井崎川が流れ、井崎川はすぐ番匠川に合流します。小さな水族館が併設されてます。
tn600_SH-50_20180325_095516.JPG

【原尻の滝】 現役のときは、一週間程度の休みでしたので臼杵から竹田、熊本がいつものコースでした。原尻の滝、なつかしいなぁ。道の駅の駐車場が拡大されてました。つり橋を渡り、滝を一周しました。
tn600_SH-50_20180325_120551.JPG
tn600_SH-50_20180325_121456.JPG

【荒城の月】 岡城に近づくとメロディー道路を通過しました。駐車場から本丸までの無料送迎バスが運行してました。本丸からの眺めは壮大です。かって嶋津軍を撃退した堅牢な城でした。朝倉文夫作の滝廉太郎像もなつかしい。
tn600_SH-50_20180325_144916.JPG
tn600_SH-50_20180325_145400.JPG
tn600_SH-50_20180325_151300.JPG

【竹田湧水群】 いくつかまわりましたが、やっぱり河宇田湧水です。かっては曲がりパイプで汲みましたが、今は取水口がいくつも設けられています。「おやまの水」がまだ残っていましたが、すべて入れ替えました。
tn600_SH-50_20180325_160559.JPG

【阿蘇山】 阿蘇山に登りましたが、火口には近づけませんでした。確かに活発に煙が立ちのぼっています。この後、通行止めの連続で大きく迂回することになり、先輩のお墓に着いたのは暗くなってしまいました。
tn600_SH-50_20180325_170825.JPG
tn600_SH-50_20180325_172008.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

20180324 九州に上陸 [2018桜]

■ 四万十川 <道の駅やよい> 【走行】223 【歩数】8090 【血圧】158 ~92 【脈拍】71 【体重】75 【飲】-

■ 京都も咲き始めたようです
■ 三崎港から佐賀関に上陸しました。
■ 九州に入ったら、まず臼杵城です。
■ ここの桜の開花状況と京都の開花状況でこれからのコースが決まります。
■ さてどうなることやら。

----------------------------------

【第37番札所】岩本寺 
tn600_SH-50_20180324_093255.JPG
tn600_SH-50_20180324_093319.JPG

【家地川公園】 まだ五分咲きぐらいでした。
tn600_SH-50_20180324_100254.JPG

【道の駅四万十大正】 川沿いの桜は見頃でした。四万十川沿いの国道381号線は沿道に桜がたくさん植えられてます。来週は四万十川桜マラソンが開かれます。
tn600_SH-50_20180324_104807.JPG

【四万十町郷土資料館】 伐採した木材には刻印が焼き付けられます。
tn600_SH-50_20180324_110502.JPG

【轟公園】 石の風車は動いてません。でも裏にある反対側を向いた小さな石の風車は元気に回っていました。
tn600_SH-50_20180324_112008.JPG

【旧竹内家】 重要文化財です。江戸中期の建物で、この地方の建築様式をよく伝えています。座敷、茶の間、土間と三分しています。茶の間が竹簀の床なのが珍しい。この時期、四万十街道ひなまつりが開かれています。
tn600_SH-50_20180324_113956.JPG

【じゃこ天】 三崎港に着いたときフェリーが出港していきました。おかげで一時間待たされました。近くのお店でじゃこ天、のり天、いか天を買って食べました。
tn600_SH-50_20180324_155708.JPG

【臼杵城跡】 臼杵に着いた頃はすでに夕暮れでした。
tn600_SH-50_20180324_182545.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

20180323 満開間近です [2018桜]

■ 安芸 <道の駅窪川> 【走行】227 【歩数】9783 【血圧】163 ~99 【脈拍】71 【体重】76 【飲】-
■ 今朝は寒くて、早くから目が覚めてしまいました。
■ 昼間はぐんぐん暖かになってきました。
■ 高知は満開間近です。


【日和佐】 日和佐の道の駅から薬王院が見えます。第23番札所です。最上段の還暦階段には厄除けの賽銭が置かれてました。
tn600_SH-50_20180323_092726.JPG
tn600_SH-50_20180323_095120.JPG
tn600_SH-50_20180323_095522.JPG

【室戸】 室戸岬といえば中岡慎太郎像です。海岸の遊歩道を歩いてみました。
tn600_SH-50_20180323_123031.JPG
tn600_SH-50_20180323_123401.JPG

【吉良川街並み】 台風に備えた独特の建築が残っている町並みを歩きます。土佐備長炭交易で栄えた豪商の屋敷ということです。御田八幡宮の桜は満開でした。
tn600_SH-50_20180323_131247.JPG
tn600_SH-50_20180323_131609.JPG
吉良川は古い町並みが魅力です。でももう一つの楽しみがお魚です。今日もネイリ(カンパチ)と○✕の刺し身をかいました。
IMG_20180323_132610.jpg

【安芸野良時計】 岩崎弥太郎の出身地安芸です。土居廊中という武家屋敷群が残っています。安芸市のシンボルの野良時計は明治20年に制作されたものです。
tn600_SH-50_20180323_145221.JPG
tn600_SH-50_20180323_155634.JPG
nice!(0)  コメント(0)