So-net無料ブログ作成

今年も出かけます、北海道

SH-50_20160611_170111.JPG

 昨年も同じ7月8日出発でした。もう現役でないのですから夏休みを考えなく てもいいのですが、6月は寒いしどうしても同じような日程になってしまいます。
 東京はジメジメした夏日ですが、北海道はまだ夜は寒いです。あわてて厚手の 長袖を買い足したことがあります。寝袋はまだまだ必需品です。

 いつものように一ヶ月で北海道を一周し、後半の一ヶ月は帯広で過ごそうと思 います。帯広は北海道の中では暑い地方ですが、ゆっくり滞在するのは初めてな ので楽しみです。ガーデン街道めぐりもいいですね。そして豚丼を何杯食べるか。

 あいかわらず高血圧、糖尿の薬を飲みながらの旅です。おいしいものもほどほ どにしなければなりません。でもゆったりとした旅を楽しんできます。

 では行ってきます。

20160708

出発 <赤城高原SA> 【走行】135 【歩数】2172 【血圧】154 ~92 【脈拍】80 【体重】73 【飲】○

■ 昼から用意したのでいつもよりスムーズに荷物が詰め込めました。

ここで六年水

【六年水】 今回は新潟経由です。谷川岳PAの建物が新しくなってました。ここで六年水をペットボトルに汲んでおきました。
SH-50_20160709_094511.JPG

【河合継之助記念館】 長岡駅近くにありました。最後のサムライといわれる人物です。
SH-50_20160709_143228.JPG

【新潟ふるさと村】 道の駅です。小樽に向かうフェリーのときは、朝出港なのでこちらで車泊したりしました。夕食に新鮮な刺身でも食べようと思いましたが、ほとんどの魚が県外産です。奥に大河ガーデンがありました。
SH-50_20160709_170917.JPG

【新日本海フェリー】 新潟からフェリーは久しぶりです。小樽行は早朝に着くので敬遠して苫小牧行きにしました。
SH-50_20160709_221050.JPG

20160709 [2016夏]

新潟 <フェリー> 【走行】204 【歩数】6061 【血圧】140 ~84 【脈拍】86 【体重】74 【飲】- "

■ 昼頃まで雨でした。

■ 赤城SAの洗面にいました。
2016070822120000.jpg

五分刈りが [2016夏]

【苫小牧】 苫小牧に夕方到着しました。新日本海フェリーは東港なので苫小牧まで少し走ります。早速、追い越され北海道スタイルを実感しました。北海道では一時停止が多いので注意しなくては。
イオンで買物と散髪をしました。北海道に来たら五分刈りが最近のお約束です。
SH-50_20160710_171725.JPG

【勇払ふるさと公園】 苫小牧に向かう途中にあります。勇払に入植をした八王子千人同心の墓地が公園内にあります。勇武津資料館は改修中でした。
SH-50_20160710_174516.JPG

20160710 [2016夏]

苫小牧 <道の駅鵡川> 【走行】45 【歩数】3769 【血圧】127 ~77 【脈拍】65 【体重】73 【飲】○

■ 北海道はまだ少し寒いです。

泥火山らしい [2016夏]

【道の駅むかわ】 ホテルが併設されていて、昨晩は温泉に入りました。鵡川はシシャモが名産です。
SH-50_20160711_091845.JPG

【日高地方】 日高地方は名馬の産地です。沿道には牧場が続きます。サラブレット銀座駐車場から眺めると広い牧場に2頭の馬がゆったりと食事してました。この公園の前の丘は泥火山らしいです。新冠の道の駅にはハイセイコーの像が建ってます。
SH-50_20160711_103929.JPG
SH-50_20160711_110329.JPG

【獅子岩?】 積丹半島の海岸には奇石がたくさんありますが、こちらでも珍しい岩を見つけました。
SH-50_20160711_132447.JPG

【襟裳岬】 前回は雨と風に見舞われ風の館から眺めるのがやっとでしたが、今回はゆっくりと岬を歩きました。
SH-50_20160711_142706.JPG
SH-50_20160711_142841.JPG

【SORA】 大樹町宇宙交流センターです。午後4時閉館なので急いできましたが遅れました。でも少し見学することができました。大樹町ではJAXAや北海道大学などが大気球等のいろいろな実験が行われています。最近はあの堀江さんの会社がロケットの実験をしているそうです。ペーパークラフトをお土産にもらいました。
SH-50_20160711_162309.JPG
SH-50_20160711_162707.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。